« 六本木にメイド喫茶は恥ずかしい | トップページ | 岡崎律子という季節 »

真っ新なHDDで心おきなくジュークボックス構築

Cドライブに入れていた音楽ファイルが次第に圧迫し、空き容量が心細くなってきたので、音楽ファイル専用に外付け250GのHDDを買う。現在iTunesに登録したモノが約5200曲42G、DVD-RAMに保存して放置してある曲が約15G分。160Gもあれば当分と言うかあと3年は容量に困る事は無いのだけど、ギガ単価が一番安いのが250Gであった訳であり。部屋に入るなり早速接続してNTFSに変換、Cドライブに入っていた全音楽ファイルを移動するのに合計90分。なんと楽しい待ち時間であろう事か。最近は静音性が高いHDDではあるけど、買ってきたそれはカリカリといい音がして、いかにも中にデータを入れているのだと言う満足感に浸れて良い。

最近は400Gを超えるHDDなぞ登場して、今までエンコードした後返却していたレンタルCDも、EAC等でcueとwaveを抜き出してttaFlacMKAコンテナ等で圧縮保存しても辛く無くなってきた。今までメディアに録音するたびにレンタル。「Sister Act 2 Back In The Habit」や「TopGun Original Motion Picture SoundTrack」なんて何回借りてきた事やら。
今まではaac192kbpsでエンコードしてきたけど、今度からロスレスにしようか迷う今日であった。

|

« 六本木にメイド喫茶は恥ずかしい | トップページ | 岡崎律子という季節 »

プチ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1791/975670

この記事へのトラックバック一覧です: 真っ新なHDDで心おきなくジュークボックス構築:

« 六本木にメイド喫茶は恥ずかしい | トップページ | 岡崎律子という季節 »